既存床をはがして廊下のフローリングを張り替え その3施工編

フローリングを剥がして張り替え施工編DIY

材料費2万円で嫁の実家のフローリングを張り替えました。

いろいろ検討した結果、重ね張りではなく、既存のフローリングを撤去してから、新しくフローリングを張ることにしました。

初めてのフローリング張り替えが、角とドア枠が多い「廊下」で難易度高めでしたが、なんとか完成しました。

その3は、新しいフローリングの加工と張り付けの施工編です。

 その1張り替えの計画と、用意した材料と道具等の準備編

 その2既存フローリングの撤去編

 その4まとめ(失敗したところと補修、反省会) 

床張りスタート位置をどうするか

ここまでの準備と下地処理に長く時間をかけてしまいました。
朝8時半から始めて、すでに14時半。
やっとフローリングを張り始めることができます。

床張りスタート
置いてる向き、反対ですね。雄実が右側でした。

どこから張り始めるか悩みましたが、メインの廊下を隙間なく、キレイに仕上げるために、トイレの前から張ることにしました。

一列目はドア枠2つ分の加工をしながら、キッチリ直線出しながら張らないといけません。
ありがたいことに、既存フローリングを撤去したら25年前の墨線が出てきたので、参考に使わせていただきました。

フローリング材の裏面にカットラインを書く
丸ノコでカット

ドア枠に差し込めるように、フローリング材を切り欠いていきます。

仮合わせ

ドア枠にスライドするように入れて仮合わせします。

階段側に隙間がないか、壁側の隙間は巾木で隠れるか確認していきます。

のみでカット

ドア枠の下が少し狭くなっていたようなので、当たるところをのみで欠きます。

仮合わせ

一列目の2枚目もカットして仮合わせします。
墨線と、2列目に使うフローリング材を基準にして、1列目の写真右側が直線になっているか確認します。

仮合わせしたところに目印の線を引いておき、いったんフローリング材を外します。

ボンドは専用の「床職人」を使いました。

点付けがいいとYoutubeでプロの方が言っていたので、真似してみました。

木工用ボンド(酢酸ビニル系)はNGです。床鳴りの原因になるそうです。

雄実(オザネ)を極細ビスで留めていきます。

次のフローリングがしっかりハマるように、ビスの頭が少し沈むくらいにしておきます。

一つ目の難問

2列目はほとんど加工が無いので一気に終わりました。

隠し釘

3列目の一枚目は端に隠し釘を打ちました。

どんどん張ります

たくさん張って、形になってきたのでテンション上がってきてたんですが、ここで文字通り「壁にぶち当たりました」

入らないフローリング

このフローリング材を凸の形に加工してから、長辺のサネを入れつつ、手前にスライドさせて、短辺のサネにはめ込まないといけません。

ですが、スライドさせる前に横の通路側の壁に当たっちゃうんです。

その分カットすることも考えましたが、スライドするストローク分を巾木で吸収することができないので、短辺のサネをはめ込むことを諦めました。

というわけで、雌実(メザネ)の下側を削って、ここも隠し釘で留めることにしました。

なんとか一つ目の難問をクリアすることができました。

隠し釘は踏んじゃうと痛いのでマスキングテープで目立つようにしてあります。

外が暗くなって、丸鋸での加工が危なくなってきた(失敗もした)のと、近所迷惑になっちゃうので、1日目は19時過ぎに終了としました。

通路を養生
他に使う加工済みのフローリング材と切れ端を適当に並べて通路を確保しました。

片付けと、寝室への通路を歩けるように養生してたら、20時過ぎまでかかってしまいました。

2日目スタート

2日目(日曜日)は午前中に用事を済ませて、午後からの作業になりました。

残すところは、階段下と、部屋への通路となります。

丸のこ定規

フローリング材を短くカットする回数が多いので、カット用の丸のこ定規をフローリング材の切れ端で作ってから作業を始めることにしました。
これで墨線に丸のこ定規を合わせて置いて、切るだけで、直角に切ることができます。作業スピード大幅アップです。

 参考 【簡単DIY】丸のこ定規の作り方 

二つ目の難問

作業が進むにつれ、張り終わりをどうするかという難問が近づいてきました。

張る前からどうしようかと考えていたんですが、自分が納得できる具体的な解決策を出したのは、結局作業直前になってからでした。

通常の張り終わりは、山型にフローリング材のサネを合わせてはめ込みます。

はめ込みイメージ

巾の調整までして、実際に使う板(左)と切れ端(右)で仮合わせして張り終わりのイメージを確認をしてみます。

ですが、階段下の張り終わりは、ドア枠の下に差し込む形状となるため、山型の斜めの状態だと入りません。

というわけで、ドア枠下は差し込みにして、端から2枚目と3枚目で山型にすることにしました。

はめ込み方解説

この形で、サネまでしっかりはめ込んで仮合わせしたら、2枚目の端と隣接する部屋のフローリングの端までの長さを正確に計測して、ドア枠下のフローリング材を加工します。

ここで寸法が狂うと、入らないor隙間ができてカッコ悪いので慎重に作業します。

仮合わせ

加工したら、もう一度仮合わせをします。

仮合わせ

ピッタリはまりました。

段差の確認

手で触って、段差を確認するとちょっと高さがあっていないようです。

もう一度取り外して、かんなでフローリングの裏面を削って高さを調整します。

カンナで段差の高さ調整

節の部分は上手に削れませんね。カンナは難しいです。

隠し釘で固定

段差調整して、ボンドと隠し釘で固定します。

マキタの小物ケースで仮置き

いよいよこの場所のクライマックスです。

山型にするためにボンドを塗って、フローリング材の片側をもち上げた状態でもう一枚を設置します。

マキタの小物ケースがちょうどいい大きさでした。

クライマックス

山型に合わせて、はめ込みます。

左側の板は500mmの板と1800mmの板を繋げた状態で山型にするために、短辺のサネをはめ込んだ状態で、マスキングテープで仮止めしてあります。

ボンドだけでは不安なので、隠し釘で固定しました。

この場所の最後のピースも、スライドするスペースがありません。

5mmだけ刃を出した丸のこで、短辺のメザネを削ってはめ込みました。

もう一部屋への通路も、ドア枠下に差し込むので、同じように加工して張りました。

ここまでのまとめ

巾木はまだですが、フローリングの加工と張り付けは終えることができました。

複雑な形状の場所に、隙間なくフローリングを張ることができたので達成感がすごいです。

板巾違いも単調にならず、なんだかいい感じです。

廊下の張り終わり

それでは次回は、その4まとめ(失敗したところと補修、反省会)です。

この記事が誰かの参考になれば嬉しいです。
ご意見、ご感想お待ちしております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
DIY
Home Solutions

コメント

タイトルとURLをコピーしました