【賃貸DIY】ディアウォールやラブリコを使わない柱の立て方

ボルト間を広げることで突っ張るDIY

寸切りボルトを使って、壁に穴をあけずに、格安でSPF材等の柱を突っ張る方法を解説します。

部屋に柱を立てたい

ディアウォールやラブリコ人気ですね。
賃貸の物件に住んでいる人や自宅の壁を傷つけたくない人が、手軽に部屋に柱を立てて棚を作ったりできるからだと思います。本当にいい商品ですね。

予算を抑えたい

DIYをする理由って色々ありますけど、その一つに安くできるっていうのがあります。
ディアウォールやラブリコを使って手軽にやるものいいんですが、何本か柱を立てると結構な出費になってしまします。
私はその分のお金を道具とかに使いたい派なので節約します。

しかも、壁を作るときなどは柱の上下にかぶせるタイプだと、厚みが邪魔になってしまいます。

そこで、寸切りボルトを使って突っ張る方法を紹介します。

この方法なら150円以下でできます。
我が家ではクライミングウォールを設置したときなど、この方法ばかり使っています。

   参考 【賃貸DIY】引き戸を外してクライミングウォールを取付け【簡単】

寸切りボルトって何?

寸切りボルトとは、頭の部分がないネジで、全ネジや長ネジとも呼ばれています。

寸切りボルトとナットと角座金

2×4の柱ならM10サイズ(太さ10mm)を使っています。
細めの柱ならM6サイズを使って立てたこともあります。

ホームセンターのネジ売り場に売っています。
寸切りボルトが60~70円、ナットが1個15円位、座金は10円位です。

加工方法

2×4のSPF材を例に加工方法を解説します。

突っ張りたい場所の高さから3cm短い柱を用意します。

柱を端から10cmのところで切ります。

柱のセンターに12mmの穴を木工用ドリルで空けます。
10cmに切ったほうにも同じくセンターに12mmの穴をあけます。

柱に穴をあける

穴の深さは寸切りボルトの半分よりちょっと短いぐらいにします。
今回は15cmの寸切りボルトなので、深さは7cmにします。

穴は真っすぐ空けましょう。
ドリルガイドを使えば簡単です。

設置方法

ナットと座金をセットした寸切りボルトを穴に入れます。

ボルトを穴に入れる

ナットの間隔を広げれば、突っ張ることができます。
スパナやモンキーレンチを使ってしっかりと固定してください。

ナット間隔を広げることで突っ張る

突っ張った状態で、上下の柱に壁板などをコーススレッドで固定すれば緩み止めになります。

矢印の箇所をねじ止めする

まとめ

こんな感じで、ディアウォールやラブリコのような専用のものが無くても大丈夫です。
強度を出したいところには2本入れたりして応用しています。

ボルト2本
ボルトを2本使用し、上の柱は横にしたクライミングウォール設置例

工夫すれば柱を安く立てることもできますよーという紹介でした。

この記事が誰かの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
DIY
Home Solutions

コメント

タイトルとURLをコピーしました